• 2013年 4月
インタビュー

羽ばたく!〜甲子園からプロ野球へ

2012年夏の甲子園決勝戦。第94回全国高校野球選手権大会(甲子園)は青森県代表の光星学院高校が大阪桐蔭学園高校と対戦し、惜しくも優勝旗を逃した。しかし、2011年夏、2012年春、同夏の3季連続の準優勝は史上初の快挙。
チームを牽引したのは、出身地の大阪で小学校からの盟友であったキャプテン田村龍弘、北條史也の両選手。
2013年からは田村君は千葉ロッテマリーンズ背番号45、北條君は阪神タイガース背番号 2のプロ選手となる。
2012年暮れ、光星学院高校野球部OBで、小中学生の指導や高校野球の解説者を務める鶴飼忠晴さんに伴い光星学院の寮に両選手をたずねた。