• 2016年 8月
ブラたむら海王堂
八戸ピックアップ

南部せんべい未来形〜味の海翁堂 槙一郎さん

もともとは三陸の海の珍味、海産物を加工・販売する株式会社味の海翁堂が南部せんべいを作り始めたのは約20年前から。600年ともいう長い歴史を持つ南部せんべいとしては、まだまだニューフェースですが、南部せんべいの未来を担う一人として、ブラタムラこと田村暢英さんはその希望を託しています。

大谷学長コラム
コラム

八戸ライフスタイル ⑱  どや! これが中核市の戦略だ

 八戸市は、平成29年から中核市になる事が政令により決定した。とりあえず「中核市だぞ!どや」と威張れる事においては大変喜ばしいが、あまり喜んでもいられない。とりあえずの「中核市!八戸!」。奇麗ごとを言っている場合ではなく、生き残りをかけて差別化戦略を立案しなければいけないのだ。

三社大祭山車組
注目記事(インデックス用)

次世代の八戸三社大祭〜山車アーティスト夏坂和良さん

八戸三社大祭で吹上での連続7回の記録をはじめ合わせて13回の最優秀賞を獲得している名実ともに山車製作者の第1人者の山車絵師・山車アーティストの夏坂和良さん。「様々なスタイルがあった昔と比べてあまり面白くない」。ユネスコの世界遺産登録が期待される中で、神事なのか観光なのか、夏か秋かという開催時期など、お祭りの未来に向けて課題と希望を語ります。